放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for February 2016

3月6日放送 ふるさと探訪 国頭村与那


今回のウチナー紀聞は国頭村与那をぶらり探訪。かつては陸の孤島と呼ばれた与那が最近、何やら“熱い”。そんな噂を聞きつけて訪ねてみると、想像を絶する熱い出会いが・・・。自然と密接に結びついた人々の暮らし、受け継がれる独特の文化や歴史。そんな地域の魅力を再発見し、活性化へ繋げようという取り組み。出会いを通して見えてきた“今、与那が熱い”ワケとは。

※アンコール放送~2015年2月8日放送回~

2月28日放送 歴史の虫眼鏡 空から見るグスクと歴史


沖縄のグスクは、按司(アジ)と呼ばれる権力者の拠点であり、また集落の信仰の対象、聖域である。沖縄には離島を含め200以上のグスクがあるといわれる。今回は、今帰仁グスクと浦添グスクの歴史の虫眼鏡。共に尚巴志に攻め滅ぼされ、さらに約200年後、薩摩軍の侵攻で焼き払われている。難攻不落のグスクはどう攻められたのか。首里城以前のグスクの全貌は…。数百年にわたる歴史を経て、多くの光芒を放つグスクを見る。

2月21日放送 学問の神様めぐり


今回のウチナー紀聞は、受験シーズン到来にあわせ、学問の神様めぐりがテーマ。受験生の強い味方となってくれそうな場所を、琉球マニア賀数仁然さんが案内。琉球を代表する秀才たちにまつわる、ちょっとマニアな縁の地を訪ね「あやかりポイント」を紹介。また那覇市繁多川地区に伝わる知られざる学問の神様や、名護市民に愛されている学問の神様を紹介。

2月14日放送 シニア野菜ソムリエ 徳元佳代子さん~農・食・健康を繋げる~


今回の主人公は、県内唯一のシニア野菜ソムリエである徳元佳代子さん。自分自身も農家でありながら、農家と消費者の架け橋になりたいと活動する徳元さんに密着取材。苦しみから救ってくれた運命の野菜、野菜で人を元気にしようという想い・・・。笑顔の狭間には、使命感に奮い立つ、必死な姿があった。

※アンコール放送~2014年2月23日放送回~

2月7日放送 失われつつある言語~ウチナーグチのいま~


2009年ユネスコは琉球諸国の言語として奄美語、国頭語、沖縄語、宮古語、八重山語、与那国語があるとし、これら6つの「琉球諸語」を「危機に瀕する言語」として発表。かつて琉球王国の母語として使われていたウチナーグチは失われつつあるというのが世界から見た認識であり、現状である。そんなウチナーグチを紐解き、保存・復興に力を入れる比嘉光龍さんの活動に密着する。