放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for August 2015

9月6日放送 カエルの楽園~やんばるを撮る~


やんばるの森はヤンバルクイナなど珍しい生き物たちの生息地として知られますが、実はカエルの楽園でもあります。日本の面積のたった0.1%ほどの小さな森に日本にいるカエルの約4分の1が暮らしているのです。人気ウェブサイト・おきなわカエル商会の管理人である小原祐二さんはやんばるのカエルたちに魅せられ、定期的に撮影をし、ホームーページでわかりやすく解説しています。小原さんの目を通して見える、やんばるの生き物たちの魅力とは…。

※アンコール放送~2013年7月28日放送回~

8月16日放送 親子で継ぐ 船大工の技~マーラン船を造る~


6月末、帆で風を受けて走る木造船「マーラン船」が完成した。造船したのはうるま市平安座島にある「越来造船」の越来治喜さん(61)と息子の勇喜さん(33)。治喜さんは三代目で、市の無形民俗文化財に指定されている唯一人の船大工だ。その驚きの技は親から子へ、連綿と受け継がれていた。そこには「手元」と呼ばれる船大工の師弟関係があった。「マーラン船」造りの現場に密着した。

8月2日放送 フルート奏者 渡久地圭によるウチナーンチュのためのウチナーンチュによる クラシックのススメ


沖縄でもっとフルートを演奏したい、沖縄にもっとクラシックを響かせたい…。そんな想いでクラシックの普及活動をしているフルート奏者の渡久地圭。500円のクラシックコンサートを開催したり、世界的なチェリストを招いて県内のクラシックファンを唸らせたりと、渡久地の活動は注目を集めている。