放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for September 2014

9月28日放送 浦添の島桑~シルバーの作る自然の味~


沖縄県産の“島桑”を活用した取り組みが浦添市で行われている。養蚕事業で夏と冬に余ってしまう桑の葉がもったいないと、島桑茶の開発が始まった。試行錯誤の島桑茶開発には、専門家も加わり、焙煎茶タイプとパウダー(粉末)タイプの2種類が誕生した。島桑の苗づくりから畑の管理、お茶の生産までを一手に引き受けているのが浦添市シルバー人材センターの方々。開発までの経緯と島桑茶の葉粉末と桑の実を材料にした桑っちーコンテストの模様も紹介する。

9月21日放送 ふるさと探訪 那覇市・浮島通り


那覇市・国際通りから一歩足を踏み入れたところにある浮島通り。古くから専門店が数多く立ち並び、観光地に隣接しながらも地元客が行き交う不思議なエリア。その一方でここ数年は、手作り雑貨のお店や飲食店などが急増し、新しい風が吹き込んでいます。今回は、古さと新しさの交差する浮島通りをぶらり探訪。そこには、こだわり職人たちの熱い想いが溢れていました。

アンコール放送~2012年2月26日放送回~

9月14日放送 塩屋湾のウンガミ~受け継ぐ神人と村人たち~


8月20日に行われた大宜味村塩屋湾のウンガミ。ウンガミとは五穀豊穣・無病息災を願う神行事。塩屋湾港内の田港、屋古、白浜、塩屋の4つの集落が共同で行います。村の人たちが400年以上、敬虔な気持ちで受け継いできました。そんな中、16年ぶりに新たな神人が誕生しました。その儀式は滅多に見られるものではありません。村の人々は神人の誕生、そして、ウンガミに何を思うのか…。ウンガミの5日間に密着しました。

9月7日放送 読書の秋!おきなわ県産本


過ごしやすい季節がやってきました。この秋は読書をたしなんでみてはいかがですか?沖縄には「県産本」と言われる沖縄でうまれた本たちがあふれています。沖縄県は他都道府県に比べて出版社の数が飛びぬけて多いって知っていますか?盛んに作られている県産本は、どんな人たちが、どんなふうに、どんな思いで作っているのか、沖縄県産本の世界をのぞいてみましょう。

アンコール放送~2012年10月7日放送回~