放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for March 2009

3月29日放送 近代の足音~琉球処分前夜~


近代の足音
ウチナー紀聞大いなる遺産シリーズ第九話。
今年2009年、私たちの「沖縄県」は誕生から130年を迎えました。
ちょうど130年前の1879年3月、最後の国王・尚泰は居城であった首里城を強制的に退去させられ、それまで500年あまりも続いた「琉球国」という王国は処分されたのです。
琉球国は、なぜそのような結末をたどることになったのか・・・そこに至るまでに、琉球でどのようなことが起こっていたのでしょうか。

3月22日放送 第31回沖縄青少年科学作品展


2月21日・22日、浦添市民体育館で「第31回沖縄青少年科学作品展」が開催されました。毎年2日間に渡って行なわれる作品展は、子どもたちが自由研究を発表する場であると同時に、親子で楽しめる体験コーナーなどもあり、多くの来場客で賑わいます。今年のキャッチフレーズは“君の不思議が科学になる”。子どもたちはどんな不思議をどんな風に研究しているのか、たっぷりご紹介します。


3月15日放送 働く笑顔~輝く仕事人~


仕事人
働く社会の環境が厳しい状況の中、地道に自分の仕事を続けている人たちがいる。
普段あまり目にすることのない仕事ながら、私たちの暮らしに深く関わっている。
せり人、農業改良普及員、特産品復活を目指す農家、牛削蹄師、リムジン塗装工、送電線架線工。
共通しているのは仕事に誇りを持っている事、明るく元気な事。仕事にこだわりを持ったスペシャリストな彼らは、輝く仕事人である。

3月8日放送 パン~幸せの匂い~


パン
今回のテーマはずばり“パン”。
沖縄でパンが本格的に普及し始めたのは、戦後まもなくのこと。そして今や、主食やおやつにと生活に欠かせないものとなっています。
そこで今回のウチナー紀聞では、沖縄におけるパンの歴史から、ひっきりなしにファンが集まるこだわりのパン屋さん、そして、体にやさしいパン作りを教える教室まで、パンを特集します。

3月1日放送 長寿のムラヘめんそ~れ!~なんてったってオバアが主役~


長寿のムラ
大宜味村大兼久。
小さくて静かな、一見なにもないこの集落に、県内外から観光客が訪れています。
人口およそ3500人中、90歳以上が105人もいる大宜味村。村に点在する小さな畑で、自家用野菜を育てる一人暮らしのお年寄りたち。そこには、元気なお年寄りを育てる昔ながらの暮らしがありました。
訪れた観光客の人々は、そこでなにを受け取って帰っていくのでしょうか・・・。

アンコール放送~2007年2月11日放送~