放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

2月24日放送 ふるさと探訪 北谷町美浜~新たなマチをふるさとに~


null
1981年、ハンビー基地返還。北谷始まって以来のマチづくりに人々はどう向き合ったのか?そして生まれた、人々集うアメリカンビレッジの賑わい。なぜ美浜は人気なのか?そして人気住宅街のノドかな暮らし。今回のふるさと探訪は、ゼロから始まり「ふるさと」となりゆくマチ!北谷町美浜を探訪します。

2月17日放送 組踊誕生300年 玉城朝薫と琉球芸能


null
組踊が中国からの使者「冊封使」歓待の宴で初めて首里城で上演されて300年の節目の年。踊奉行の玉城朝薫の創作です。
朝薫5番として、今も上演されている朝薫作の組踊は、誕生時から台本がありました。現代に伝わる台本から、朝薫が組踊に込めた思いと小説「思五郎が行く」(作・与並岳生)をもとに朝薫の生涯を辿ります。

2月10日放送 沖縄伝統菓子めぐり


null
お茶の間の定番から年中行事の必需品まで、ウチナーンチュの暮らしに根付く伝統菓子。そのルーツや縁の場所を琉球歴史家・賀数仁然さんが訪れ、琉球の歴史・文化との繋がりを紐解いていく。今回取り上げる伝統菓子は三月菓子、ムーチー、チンビンの3種。琉球の伝統菓子を長年研究している安次富順子氏が王朝時代の文献から読み解いたチンビンを再現する。

※アンコール放送~2017年3月5日放送回~

2月3日放送 子どもたちの未来を照らして~放送900回記念スペシャル~


null
1997年にスタートしたウチナー紀聞も今回で放送900回。番組で出会った多くの人々、とりわけ好きなことに取り組む子どもたちの姿はキラキラと眩しく、私たちの希望となりました。あの頃、幼かった子どもたちは今・・・。今回は900回を記念し、これまで取材した子どもたちの今を追いかけ、さらなる未来を見つめます。

1月27日放送 第40回沖縄青少年科学作品展~ようこそ!40回目のサイエンスパーティーへ~


null
2月10月、11日に行われた第40回沖縄青少年科学作品展。今年も多くの研究成果が出展され、大いに賑わいました。今年のキャッチフレーズは“ようこそ!40回目のサイエンスパーティーへ”。節目を記念した特別企画、体験コーナーの模様や今年受賞した様々な研究について紹介します!

※アンコール放送~2018年3月11日放送回~

1月20日放送 クガニウムイ 未来への伝言~料理研究家 松本嘉代子~


null
シリーズ「クガニウムイ」で今回、紹介するのは料理研究家の松本嘉代子さん。いち早く琉球料理の素晴らしさに気付いた松本さんは、今にも消えてしまいそうな琉球料理の本来の形を残すべく奮闘している。そんな、松本さんの次世代に残したい想いを紹介する。

1月13日放送 ふるさと探訪 伊江島~水の歴史を巡る~


null
本部町から北西へ9キロの地点にある「伊江島」。農業が盛んな島ですが、一昔前は離島特有の水問題に悩まされ続けていました。その苦難を乗り越え環境が改善された今、土地は豊かになり新たな産業が芽吹き始めています。今回は伊江島出身の「あっきぃな」と共に、水の歴史を辿り文化に触れ、伊江島の魅力に迫ります。

1月6日放送 ヒージャーの足あと~食べて触れて癒されて 最新ヤギ事情~


null
沖縄はいま空前のヤギブーム!セリに出せば高値がつき、ヤギ料理を扱う飲食店も増えています。宗教的な制限を受けずヘルシーと言われるヤギ肉は注目され、ブランドヤギを作る動きも出ています。さらにペットとして飼う人も増えているとか。最新ヤギ事情を取材しました。

12月23日放送 目指せ!笑顔の食卓~沖縄・食のバリアフリー~


null
食物アレルギーや宗教・信条などで食に制限のある人に対応することを「食のバリアフリー」という。多くの外国人観光客や修学旅行生が訪れる沖縄でも、対応の必要性が増している。今回は、ベジタリアンや食物アレルギー、飲み込む力が低下する嚥下(えんげ)障害など、様々なバリアに対応する取り組みの最前線を取材。笑顔の食卓を目指す人々の想いと奮闘を伝える。

12月16日放送 琉球犬~生きる文化遺産~


null
遺伝子的に日本最古と言われ、かつ、最新の名前を持つ犬、琉球犬(りゅうきゅういぬ)。沖縄県原産の犬で平成7年に県の天然記念物に指定されました。その時に付けられた名前が、琉球犬。それ以前はトゥラーやアカインと呼ばれ、古くからウチナーンチュと一緒に暮らしていました。琉球犬は生きる文化遺産なのです。そんな琉球犬の存在価値を見直すことで、見えてくる歴史や文化。琉球犬の魅力を探ることは、ウチナーンチュの魅力探しにもつながるかもしれません。

※アンコール放送~2017年6月25日放送回~