放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

5月26日放送 親子の遊び場探訪~子どもから大人まで楽しめる施設~


null
沖縄の公園事情も変わってきています。子供たちも大はしゃぎの大型遊具。遊んで学べる屋内施設。大人も楽しい体験型施設。そして都市型総合公園。
すっかり半そでも馴染んできた5月、「子供が大はしゃぎ!大人も楽しい!」公園やお出かけ施設をご紹介します。

※告知映像はこちら!

5月19日放送 歴史の虫眼鏡 歴代宝案―琉球王国の外交史料


null
東アジアを舞台に中国・東南アジア・日本との中継貿易で栄え、大交易時代を展開していた、という歴史の裏付けとなったのが、琉球王国の外交文書『歴代宝案』です。大きく流れる時代に『歴代宝案』は、失われましたが、長い年月と多くの専門家によって復元されてきました。今回の歴史の虫眼鏡は『歴代宝案』を紹介します。

※告知映像はこちら!

5月12日放送 クガニウムイ 未来への伝言~美容家 上原妙~


null
1954年、若くして沖映通りに美容室をオープンした上原妙さん、弱冠24歳!失敗を恐れずまっすぐに。女性の美を映しだすことに打ち込み続けて美容師からブライダルプロデューサーへ行きつく。時代を生きた先達の思いを伺う「クガニウムイ 未来への伝言」。今回は、美容家の上原妙さん89歳のクガニウムイをお届けします。

※告知映像はこちら!

5月5日放送 第24回シュガーホール新人演奏会~若き音楽家たちの響宴~


null
6月3日に行われた第24回おきでんシュガーホール新人演奏会。将来性に優れた音楽家の発掘などを目的とし、1994年から行われています。今年も若き音楽家たちが多くの観客を魅了し、大成功で幕を下ろしました。ウチナー紀聞では、出演者それぞれの演奏会への思いと音楽に対する熱い情熱を取材しました。

※アンコール放送~2018年7月8日放送回~

※告知映像はこちら!

4月28日放送 地域でつながる現代演劇の世界~演劇を通して伝えたいこと~


null
沖縄各地に様々な形で広がりを見せている現代演劇の世界。地域に根付き現代社会の課題と向き合う劇団や、伝統や歴史文化を子どもたちに残そうと活動する劇団など、演劇を通して想いを伝えようと、劇団員たちは日々練習を重ねていました。今回は地域を愛し、多くの観客に想いを伝える沖縄の「現代演劇」の世界を紹介します。

※告知映像はこちら!

4月21日放送 ふるさと探訪 伊平屋村~原風景の島~


null
今回のふるさと探訪で紹介するのは有人島として県内最北端にある伊平屋村。田植え真っ最中のコメ農家を訪ね、島の稲作事情について話を聞いたり、島で民泊受け入れをしている女性に島のおやつ作りを体験させてもらったりと、島の人の様々な表情や歴史、文化、暮らしを紹介する。

※告知映像はこちら!

4月14日放送 王家のシーミー後編 祖先への思い


null
王家のシーミー、後編は、シーミー(清明祭)行事が入ってきた経緯。特徴的な豚・鶏・魚を使ったウサンミー(御三味)とクニンダ系(久米村)門中のシーミー。復活の拠り所となった伊是名島の「公事清明祭」と首里の玉陵で行われた尚本家の復活シーミーから見えてくるのは。

※アンコール放送~2018年5月27日放送回~

4月7日放送 王家のシーミー前編 復活への思い


null
琉球王国第二尚氏歴代の王が眠る首里の玉陵(たまうどぅん)で、尚本家のシーミーが40数年ぶりに復活した。その模様と尚家の明治以降の歴史、沖縄のシーミーについて2回に渡って放送する。前編は、琉球王国の歴史、琉球処分後東京に移住させられた尚本家の、その後を紹介する。

※アンコール放送~2018年5月20日放送回~

3月31日放送 山を楽しもう 名護岳・嘉津宇岳


null
海だけではない沖縄の山の楽しさ。初心者のための基礎知識や安全対策を実際に山歩きをしながら知ってもらう。山の自然についても山岳会会員のガイドで名護岳と嘉津宇岳を体験する。日常を忘れて、心地よい風に吹かれて、自然を満喫する山歩き、山登りを紹介する。

3月24日放送 さよなら簪、さよならハジチ~消えた装飾からみる沖縄の世替わり~


null
廃藩置県により「沖縄県」が誕生して今年で140年。琉球から大和世、アメリカ世、そして再び大和世と、沖縄に生きる人々は様々な世替わりを経験してきた。時代の変わり目にあって、人々はどんな思いを抱えていたのか。今回は、沖縄の簪やハジチなど世替わりの中で消えた習俗・文化を巡る旅に出掛け、当時の想いに触れる。