放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

2月23日放送 ふるさと探訪 うるま市の島々 (平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島)~橋が結ぶ風景と出会う旅~


null
復帰の頃から沖縄本島と架橋が進んできた島々。うるま市の平安座島、宮城島、浜比嘉島に伊計島。現在車で行き来ができるようになった島々には、今もかつての暮らしが根付いています。懐かしさのある集落風景、島をモチーフにしたアート、華やかな旧正月。うるま市の島々をレポーター屋良歩が旅します。

※告知映像はこちら!

2月16日放送 沖縄くだものがたり


null
マンゴーやパイナップルといった夏の果物だけじゃない。南国沖縄の冬も実り多くたくさ んの果物が収穫されます。今回は今がまさに旬といった果物と、これから旬を迎える珍しいフルーツをご紹介。生産者の方の熱い想いもお届けします。

※告知映像はこちら!

第934章 「琉球の医師 王府の医療」


null
琉大医学部構内にある高嶺徳明顕彰碑。王国時代に中国伝来の補唇手術が全身麻酔で行われたと云われている。琉球王国時代の医療はどんな状況だったのか。彼らは何処で医療を学び、どんな医療活動をしたのか。琉球王国の医療と医師たちを紹介する。

※告知映像はこちら!

第903章「第41回沖縄青少年科学作品展~集まれ未来の科学者たち~」


null
2月9日、10日に行われた第41回沖縄 青少年科学作品展です。子どもたちによる自由研究 の成果を発表する場として毎年開催され、今年も多くの研究 成果の出展があり大いに賑わいました。今回 のキャッチフレーズは“集まれ未来の科学者たち"小さな科学者たちが取り組んだ個性豊かな様々な研究をご紹介します。

※アンコール放送~2019年3月10日放送回~
※告知映像はこちら!

1月26日放送 光の風景  ~灯りに込めた願い~


null
私たちの暮らしの中にあふれる様々な光。その光の風景を生み出しているのは、どんな人々なのでしょうか。今回は、日本夜景遺産に沖縄で初めて認定された東南植物楽園と、電照菊の灯りを利用したキクミネーション、今年24回目を迎えた名護市の新成人による光文字の3つの風景を訪ね、灯りに込めた願いを聞きます。

※告知映像はこちら!

1月19日放送 「村アシビ巡り~地域の芸能 伝統と今~


null
沖縄各地で開催される「村アシビ」。棒術に獅子舞、組踊りなどの芸能が繰り広げられます。演目には、ユニークで個性的なものも多くありますが、その由来・意味については、演じている人さえよく知らないケースがほとんど!今回は、琉球歴史家・賀数仁然さんとゆかりの場所を訪ね、村アシビの謎や地域の思いに触れます。

※アンコール放送~2018年1月21日放送回~
※告知映像はこちら!

1月12日放送 マギサヌ!マーサン! 発見!沖縄冬の幸


null
沖縄、一年を通して様々な農作物や魚が収穫されます。今回は冬が旬のちょっと珍しい大きな産物をご紹介いたします。国頭村宜名真から冬の回遊魚、大きなシイラの日干し。伝統野菜であるずんぐりとした島大根。うるま市からは山芋の大きさを競う山芋スーブ。レポーター小渡俊彰が収穫を手伝い、旬の味覚をお伝えします!

※告知映像はこちら!

1月5日放送 丁子風炉 知られざる香炉と香り


null
亜熱帯の風土の中で育まれた香りの文化。香料の丁子と水を入れた器を温め、香りを出す丁子風炉(ちょうじぶろ)。丁子は、日本でも古くから使用されてきた香料で、沖縄でもお正月やお祝い事のある時など、戦前まで、様々な場面で使われたと伝わっています。今では知る人も少なくなった丁子風炉と香りについてお送りします。

※告知映像はこちら!

12月29日放送 知って!食べて!沖縄のきのこ


null
秋の味覚の代表格「きのこ」。現在、沖縄県では様々な種類のきのこが作られ、ここ十数年で生産量が急激に増加するなど、盛り上がりを見せています。今回のウチナー紀聞では、普段は見ることのできないきのこの生産現場や保存・調理の豆知識、全国的にも珍しいきのこなど、不思議でおいしい、きのこの魅力に迫ります。

※アンコール放送2017年11月12日
※告知映像はこちら!

12月22日放送 クガニウムイ 歌とともに 与世山澄子(ジャズシンガー)


null
地元沖縄以上に本土で熱い注目を集めてきたジャズシンガー・与世山澄子さん。79歳の現在も現役として人々を魅了し続けている。戦後、米軍基地内のクラブで歌い、世界的なミュージシャンとも共演し、沖縄を拠点に歌うことに一生を捧げてきた“伝説の歌姫”。恒例の東京ライブの様子も交え、その一途な生き方をお伝えする。

※告知映像はこちら!