放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

12月17日放送 高校生美ら産フェア~これからの産業を支える若者たち~


null
11月に開催された「第21回高校生美ら産フェア」。県教育委員会が主催を務めるこのイベントは、沖縄の産業の次世代を担う専門高校の生徒たちが一大イベントとして毎年取り組んでいます。番組では、盛り上がりを見せたイベント当日の様子と本番に向けて準備に頑張った生徒たちの様子を紹介します。

12月10日放送 かりゆし塾 〜官・民の挑戦〜


null
今回のウチナー紀聞は、民間企業と行政機関がタッグを組んで地域活性化プランの実現を目指す異業種交流会、かりゆし塾。テーマは半年で作るネットワーク、半年で作るプロジェクト。普段関わる事のない異業種の方々と半年で地域活性化プランの具現化に挑みます。28目を迎えるかりゆし塾。大人たちの挑戦に密着します。

11月26日放送 沖縄歳時記 おきなわの俳句


null
県内2つの俳句団体が去年と今年、相次いで歳時記を出版した。本土と異なる季節や植物など、沖縄の実状に合った歳時記の必要性があった。そして大学生を中心とする琉球大学俳句研究会も去年、創設4年目に部誌を出版した。そうした若手とベテランによる吟行を通して、俳句の楽しさを紹介する。

11月19日放送 ふるさと探訪 浦添の宿道を歩く


null
琉球王国時代、首里城を起点に各地への宿道があった。中頭方西海道は首里城から浦添を経由して、北谷、読谷山、国頭へとつないだ西海岸沿いの道である。今回のふるさと探訪は、復元整備された安波茶橋や当山の石畳道など、浦添市の経塚から当山までの宿道を辿る。

※アンコール放送~2016年10月2日放送回~

11月12日放送 知って!食べて!沖縄のきのこ


null
秋の味覚の代表格「きのこ」。現在、沖縄県では様々な種類のきのこが作られ、ここ十数年で生産量が急激に増加するなど、盛り上がりを見せています。今回のウチナー紀聞では、普段は見ることのできないきのこの生産現場や保存・調理の豆知識、全国的にも珍しいきのこなど、不思議でおいしい、きのこの魅力に迫ります。

11月5日放送 つくり育てる漁業~沖縄の漁業の未来を見つめて~


null
自然環境の変化や乱獲などから水産資源が減少している現代、“獲る漁業”から“つくり育てる漁業”へと、スタイルは変わりつつあります。番組では養殖現場の裏側や養殖された魚の魅力を発信する飲食店、つくり育てる漁業の研究に取り組む高校生を取材。沖縄の漁業の明るい未来を目指し、日々奮闘する人々を追いかけます。

※アンコール放送~2016年11月6日放送回~

10月29日放送 路上の先生 デザインマンホールから学ぶのは?


null
那覇市が発祥とされ、今や全国規模のデザインマンホール。現在県内には35市町村120種類ほどのデザインマンホールがあり、地域の文化・歴史の発信や、子供が下水道について学ぶ機会にもなっています。番組では各地のデザインマンホールにまつわる場所を辿りながらデザインマンホールが伝えるメッセージを読み解きます。

10月22日放送 アツいぞ卓球!~沖縄卓球事情~


null
皆さんは「卓球」にどんなイメージを持っていますか?正直、少しマイナーと思った人も多いはず・・・。しかし近年、日本選手団の活躍により日本は卓球ブーム。そして、その熱は沖縄にも!競技人口の増加や県内実業団チームの活躍、レクリエーションとても楽しめる卓球は広い世代に愛されます。そんな今アツい卓球事情に迫ります!

10月15日放送 足踏みミシンから~沖縄の縫製業~


null
沖縄の戦後復興に大きな役割を果たしたミシン。本土から既製品が入ってこない時代。女性たちは借金をして購入、衣料品を縫い続け、また、洋裁学校で縫製技術とデザインを学び、洋裁店で自立した。足踏みミシンから始まる縫製業とそれを支えた女性たちを紹介する。

10月8日放送 沖縄菓子職人魂~チーム・想い・伝統~


null
今、沖縄のスイーツ界が熱い。チームで勝ち取った叔父と甥で作る世界2位のジェラート。想いをカタチにした男が作る日本一のケーキ。伝統を守り、100年以上愛されるまんじゅうを作る家族。沖縄の最先端スイーツ事情から、歴史あるまんじゅうまでをレポーターの當銘直美が職人の人となりを通して探って行きます。